ガールズバーの楽しみ方

キャバクラ同様の飲み方はしない

基本的に飲み方は自由ですが、ガールズバーでは店全体の空気を読みながら飲む事が大切です。

キャバクラはその卓だけで楽しめるので好きなように飲み騒いでいいのですが、ガールズバーは基本的に狭く、店全体が一つの空間となっています。

席同士の距離も近く会話も聞こえてくる程です。そんな中一人のお客さんが異常に騒いだりすると他のお客さんに迷惑になります。

また、キャバクラ的なノリでセクハラまがいな事をしていてもすぐに誰かに見つかってしまいます。

あくまで表面上のルールは普通のBARと一緒です。ただ店員が全員女性というだけです。お店の空気や雰囲気を読み取って行動して下さい。

女の子と仲良く話そう

ガールズバーの一番の楽しみは「女の子と会話する事」です。人見知りだから年代が違うから、話す事がないからと会話をしないというのはもったいなさすぎます。

話題は何でもいいのです。女の子はお客さんが振ってくれた話題なら話を盛り上げようとしてくれます。

また、可愛い子だけと仲良くしようとする人がいますが、基本的にそのお店にいる女の子全員と仲良くするような飲み方をして下さい。

どの子が付いても楽しく過ごしていれば、女の子からの評判も上がっていきますよ。

セーブしながら飲もう

基本的にガールズバーは飲み放題になっています。飲み放題だからといってあまりにも飲みすぎてしまうと女の子に迷惑をかけてしまいます。

飲みすぎて迷惑をかけると次からそのお店にはかなり行きづらくなってしまいます。

お酒の量をセーブしながら楽しめるようになったらガールバーでの楽しみ方を身に付けたも同然です。

定期的に通って楽しもう

ガールズバーは基本的に何度か通った方が楽しめます。毎回違う店に通うと「初めまして」から始まって自己紹介してという流れから始まりありきたりな会話で終わってしまいます。

定期的に同じ店に通う事によって面倒な自己紹介という流れがなくなり、話したい会話ができます。仲も良くなり楽しめるのでお気に入りのお店を見つけて定期的に通うようにしましょう。

気分によって使い分けよう

ある程度行きつけと呼べるお店を二店舗ほど開拓すると気分によって使い分ける事ができるのでおすすめです。

店によって雰囲気や、コンセプトが違ってきます。その日の気分によって使わけれると便利ですし、もし満席で入れなかったという時も行きつけが二店舗ほどあれば違う店へいけます。

行きつけを見つけるのは時間が掛りますが、行きつけが2~3店舗できると飲む場所も困らなくなるのでおすすめです。

嫌われる客の特徴

お説教をする

ガールズバーのキャストは基本的に20代前半が多く、自分よりも一回り、二回りも年下の子達ばかりなのでついつい、お説教じみた発言をしてしまう人が多くなっています。

「何でこんな事も分からないの?」「俺の時代はそんなんじゃなかったぞ!」

なんて言ってはいませんか?お酒も入り、情熱的に語っただけと思っていても女の子側からすると説教っぽく聞こえたりします。

年代のギャップは仕方ありませんが、それを理由に女の子を説教するのはナンセンス!女の子に嫌われていくだけです。

プライベートに深入りしてくる

少し通っただけで、仲良くなったと勘違いをしいきなり住所や本名、今通っている学校名などを聞いてくる人がいます。

根掘り葉掘り聞いてくる人は基本的に「住んでる所近いね!今度会おう!」「そこの学校の近くに職場があるんだ。会えるね。」と店外に誘おうとします。

本当に心を開いている相手でも店外で会うという事はありません。キャバクラとは違いますので注意して下さい。

お触りする

ガールズバーはキャバクラと似ている所もあるのでお触りOKと思っている方もいられますが、基本的に女の子へのお触り禁止です。

それを知ってか知らずか、お酒のせいにして触ろうとする方がいます。女の子も触られたぐらいではあまり強く言えませんので「意外と触っても大丈夫かも!」と思い触り続ける方もいますが、女の子からしたら迷惑なだけです。

あまりのも接触行為があるとボーイからも目を付けられしまいには出入り禁止となってしまうので注意して下さい。

ドリンクをくれない

キャストに必ずドリンクを上げないといけないというルールはありませんが、1セット50分程ある時間の中で女の子にドリンクを一つもあげないというのは印象を悪くしてしまいます。

こういった場所に飲みにきたわけですから、一度ぐらいは女の子に奢りましょう。女の子もドリンクがあるのとないのではテンションが違ってきますのでその日この子と楽しむ分としてあげるようにして下さい。

女の子の写真を勝手に取る

お店によっては写真OKの所もありますが、基本的には店内撮影禁止の場所が多くなっています。

可愛い女の子、際どい衣装の女の子の写真は撮りたいという気持ちがあるのは当然ですが、盗撮は違法です。またガールズバーで働いているという事を内緒にしている人もいますので注意して下さい。

どうしても撮りたいという場合はお店側そして女の子側にも許可を取る様にしましょう。

ガールズバーのシステム

ガールズバーってどんなとこ?

ガールズバーは、カウンター越しに女の子とお酒を飲みながら会話を楽しめるお店の事です。

ガールズバーは風俗営業許可は必要とせず、深夜酒類提供飲食店というくくりで営業しています。居酒屋やバーと同じ部類です。

深夜酒類提供飲食店の場合、カウンター越しだろうが接待をした時点で法律上アウトになってしまうので本来ならカラオケのデュエットや長時間の会話を楽しむ事はできません。

ガールズバーのシステム

ガールズバーは飲食店のくくりではありますが、料金形態はキャバクラやスナックに似ておりガールズバーのほとんどが時間制になっています。

お店に入り、40~60分を1セットとしもっと飲みたい場合は延長するというシステムです。基本的に殆どのお店が飲み放題制となっておりますが、普通のバーの様にテーブルチャージ制(時間無制限・飲み放題ではない)ところもあります。

延長は、飲み直し制・ハーフ延長制・10~20分単位の延長があります。また自動的に延長されるお店と確認して延長するお店とがありますので、事前にチェックしておきましょう。

キャストドリンク

キャストドリンクとは、女の子用のドリンクの事です。キャストドリンクは通常のドリンク価格と変わらないところばかりです。もちろん飲み放題メニューから飲ませる事のできるお店も有りますが、基本的にキャストドリンク代は取られます。

ドリンクを飲ませなきゃいけないというルールはありませんが、飲ませてあげる事によってキャストが少し長く付いて会話をしてくれたりするのでオススメです。

TAX料金

ガールズバーではキャバクラやホストクラブ同様にTAX料金(サービス料+消費税)が加えられます。大体のお店が10~20%のTAX料金が上乗せされます。

セット料金+キャストドリンク+延長料金+TAX料という風になりますが、キャバクラより高くないので1万円あれば十分楽しめます。

その他のサービス

全てのガールズバーにあるサービスではありませんが、カラオケやダーツを用意しているお店もあります。大体カラオケはVIPルームに設置されており団体向けの所が多く、セット料金に500~2000円上乗せすると利用できる形になります。

また、フードが豊富なお店もあります。キッチンの無いお店ではレンジで出来る簡単料理を500円程度で提供していますが、ちゃんと厨房のあるお店ではしっかりとしたお食事を楽しむ事もできます。