ガールズバーのシステム

ガールズバーってどんなとこ?

ガールズバーは、カウンター越しに女の子とお酒を飲みながら会話を楽しめるお店の事です。

ガールズバーは風俗営業許可は必要とせず、深夜酒類提供飲食店というくくりで営業しています。居酒屋やバーと同じ部類です。

深夜酒類提供飲食店の場合、カウンター越しだろうが接待をした時点で法律上アウトになってしまうので本来ならカラオケのデュエットや長時間の会話を楽しむ事はできません。

ガールズバーのシステム

ガールズバーは飲食店のくくりではありますが、料金形態はキャバクラやスナックに似ておりガールズバーのほとんどが時間制になっています。

お店に入り、40~60分を1セットとしもっと飲みたい場合は延長するというシステムです。基本的に殆どのお店が飲み放題制となっておりますが、普通のバーの様にテーブルチャージ制(時間無制限・飲み放題ではない)ところもあります。

延長は、飲み直し制・ハーフ延長制・10~20分単位の延長があります。また自動的に延長されるお店と確認して延長するお店とがありますので、事前にチェックしておきましょう。

キャストドリンク

キャストドリンクとは、女の子用のドリンクの事です。キャストドリンクは通常のドリンク価格と変わらないところばかりです。もちろん飲み放題メニューから飲ませる事のできるお店も有りますが、基本的にキャストドリンク代は取られます。

ドリンクを飲ませなきゃいけないというルールはありませんが、飲ませてあげる事によってキャストが少し長く付いて会話をしてくれたりするのでオススメです。

TAX料金

ガールズバーではキャバクラやホストクラブ同様にTAX料金(サービス料+消費税)が加えられます。大体のお店が10~20%のTAX料金が上乗せされます。

セット料金+キャストドリンク+延長料金+TAX料という風になりますが、キャバクラより高くないので1万円あれば十分楽しめます。

その他のサービス

全てのガールズバーにあるサービスではありませんが、カラオケやダーツを用意しているお店もあります。大体カラオケはVIPルームに設置されており団体向けの所が多く、セット料金に500~2000円上乗せすると利用できる形になります。

また、フードが豊富なお店もあります。キッチンの無いお店ではレンジで出来る簡単料理を500円程度で提供していますが、ちゃんと厨房のあるお店ではしっかりとしたお食事を楽しむ事もできます。